上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

1/18の発電量を発信します。

今日は久々の晴れだったようで良い発電でした。

発電量:19.1kWh、売電量:13.9kWhでした。

120118-1120118-2





また、エコキュートねたですみません。
エコキュートの使用電力について記載します。
そもそもエコキュートは学習機能を有しているので使用者に節電志向
があればそれに則した節電に走るように思います。
460Lのキャパがあるのに最近は400L程度しか作ってないかも..

さて使用量ですが、うちは0-6時までの電気使用量は6kWh位で
安定してきました。添付の発電量・消費量グラフにもあるように
0時と1時台に2.5kWhの棒が2本立ってますよね。
即ちこの2時間で5kWh使用しているわけです。これに2時台の
1kWhが加算されて合計6kWhになると思います。
エコキュート導入直後は6時まで11kWh使用した日もありますが、
使用法に慣れたり、工夫により6kWhに安定化してきたのだと
思います。最近の消費量が平均で21kWh、買電量が17kWh位
なので1日の電気消費量の2/7がエコキュートで使ってます。
勿論家族構成によって370Lも選択できますが、私は余裕を
もって460Lを選択してよかったと思います。

しかし、エコキュートにとってもこの季節が一番大変な時期でしょう
からこの時期を使いこなせればあとは何とでもなると思います。

拙宅のエコキュートはこんな感じで働いてくれています。
明日あたり検針表がくるかもしれないので、また色々と検証
して行こうと思います。

120118-eco1120118-eco2








にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.01.18 | エコキュート | トラックバック:(0) | コメント:(2) |

1/14の発電記録です。
今日はまずまずのスタートを切ったので22kWh超えを期待しましたが...。
もうちょっとで足踏みだったようです。
今日の最大瞬間発電量は11:30-12:00頃の3.6kWでした。
この季節で雲間からの差込が無ければ、うちではこんなもんです。

発電量:21.7kWh、売電量:16.3kWhでした。

ちなみに1月の発電量累計がちょうど250kWhとなりました。
おおよそ月半分なので1月は500kWh達成できれば嬉しいですが....。

120114-1-3.6120114-2-250120114-3発電









さて、エコキュート情報です。昨夜はオヤジとエコキュートの使用法で激論を交わした
ので更新が出来ませんでした....
忘れないにうちに1/13の結果も更新します。

1/13の発電量:21.2kWh、売電量:16.9kWhでした。

さてさて拙宅のエコキュートどうしましょうか...。
結論から述べますと..

①省エネを意識し、追い炊きはせず高温足し湯で冷めやお湯の減少に対応
 ここには、湯船のお湯をエコキュートに戻すことに抵抗もあります(防汚れ)
②親世帯の入浴時にこれまでのようにたっぷり湯に入りたい、シャワーも
 これまでのように遠慮なく使いたいということで湯張りを160Lから
 180Lに増やす。必然的に湯切れするので23時前ではあるが沸き増し
 を100Lだけ実施する。必要に応じて沸き増し量は増減させる。

電気代を気にして健康を害するのは愚の骨頂ですもんねぇ.....。

しかし、エコキュートの使用湯量の定義が曖昧です。
パナ以外の機種はわかりませんが、省エネ推奨モード使用だと約65-80度の
お湯を深夜に460L作ります。
それを1日かけて使用していくわけですが、どのくらい使えるのか表示
させると使用可能湯量は42℃換算で約○○Lと表示されます。
当然42℃換算であればMAXは460Lを超えます。これは理解しやすい..
しかし、本日の使用湯量を見ると、追い炊き・保温含め42℃で○○L
と表示されるわけです。使用湯量には追い炊き・保温・自動配管洗浄・
凍結予防(これは埼玉ならないかな?)にお湯を使った分が含まれる
ので、21時のお湯汲み前に42℃換算のお湯がすでに150L使用されて
いるというのは、実湯使用量ではないのでしょうね。

今晩、お風呂を汲む前までのお湯の使用量と43℃で160Lお風呂を汲
んだ後のお湯の使用量を記録して、42℃換算お湯使用量がどのぐらい
増えるか調べてみます。後日追加報告します。

拙宅はエコキュートと家へ外壁を這う三層管配管が1.5m程度あるのでお湯が
冷めやすいのかなぁ...断熱性の高い三層管にしたのですが......
エコキュートユーザーの方々のご経験をお寄せ頂ければ幸いです。

ちょっと分かりづらい話になっているかもしれません。スミマセン....

その他にも記載したいことがあります。
省エネとしてのeconaviについてです。
湯温学習制御でお湯の冷め方を学習し、人感センサーにより入室をすばやく
検知してお湯をすばやく加熱開始し風呂を省エネ保温する...。
これ結構賢い!と思ったのですが、結局お湯を遥か貯湯ユニットまで循環
させるのでは配管内も汚れそうだし熱損失も大きそう..とうことで
うちでは無用の長物と化しています。

気に入ってるところも書きます。
うちの機種はミネラルきれい湯というリラックス効果のある?お湯が出ます。
まぁプラセボ効果かもしれませんがお湯が柔らかい気がします。
また、ミネラル自動配管洗浄機能がついています。湯垢の洗い流しや
菌の増殖抑制効果が期待できるようです。
後は台所と浴室のコミュニケーションリモコンで通話が可能になったこと位かなぁ

貯湯ユニットを断熱材で覆ったり、ヒートポンプユニットの吸気口周辺温度を上
げるための細工をされているユーザーさんもいらっしゃるようで、
今後どうしようかと考えているところです。



にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

2012.01.14 | エコキュート | トラックバック:(0) | コメント:(6) |

1/12の発電記録です。
今日は朝から雲ひとつなく記録更新を期待していましたが10時台がmaxでその後減速....。
それでも20kWh超え達成できました。

発電量:21.5kWh、売電量:17.2kWhでした。

エコキュートの画像は昨夜作ったお湯が2目盛り(50L/1目盛)残っていることを意味します。
残湯量を確認すると42度のお湯が80L使用できるようです。

12011203発電120112-2グラフ120112-1eco










以下、これまでのエコキュート導入記です。。
うちのエコキュートはパナのHE-WU46EQSという機種です。
設置場所のスペースが狭いのでパワフル高圧薄型フルオートタイプです。
エコキュートから家への配管は銅配管・架橋PE配管・三層配管が選択できますが
最も耐久性や断熱性能が高い三層管で施工してもらいました。
業者さんと色々お話して追加金無しで施工してもらいました。
拙宅は1階にお風呂・台所・洗面所、2階には台所と洗面所があります。
パワフル高圧というのは2階以上の洗面や台所への給湯時に水圧が落ちないと
いうものです。
しっかし、お風呂に給湯時には2階の台所で皿洗いをすると半分ぐらい水圧
は落ちます。

深夜に作るお湯は省エネ節約モードで約65-80℃のお湯を460Lつくりますが、
この季節は水で希釈冷却された42℃のお湯として約550Lが1日に使用できる
MAXのようです。
うちのお風呂はまず43℃で160Lのお風呂を入れ、余りシャワーを使用しないで
お風呂のお湯で身体を洗います。汲んだ後は自然に冷めてくるし湯量も減る
ので60℃の高温足し湯を20L加え冷めと量を調整します。こんな感じで数人が
時間を空けて入浴するのでお風呂だけで160L+(20L x n人)分のお湯は使って
しまいます。
冬場は寒いからだと思いますが、朝から洗面や皿洗いで夕方までに42℃のお湯
として150L程度使用しているようです。ここに更に夜の2階世帯の皿洗い分が
加わります。

残湯量として45℃以上のお湯が120Lまたは200L未満になると湯切れ沸き増しが
自動で起動するようですが、夜間電気料金が始まる23時より前には沸き増しを
しない設定にしています。
以上、お湯の合計が合わないぢゃない..という疑問は有ると思いますが、様々な
給湯温度で使用するので42℃のお湯として...という計算が正確に出せないでいます。
多分完全な湯切れがおきないようにしていると思うので空っぽになるまで給湯はして
くれないのでは?
こんな感じで23時前にお湯の残量が100Lを切ってしまう事があるので、23時まで待
って沸き増しをかけるようにしています。沸き増しは1時間で100Lはできるようです。
夜間のお湯沸きまし等で0時~朝まで約10kWh使用しています。

ガス給湯器使用時に比較して使用できるお湯の量が制限されるので不便を感じています。
足りなくなった時に、その都度沸きましをかければいいぢゃんとつっこまれそう
ですが...
今は、エコキュートは23時以降に稼動!にこだわって行こうと思ってます。(^^;)

以上が、エコキュート導入約1ヶ月の現状です。続きはまた改めてupさせて頂きます。









にほんブログ村 環境ブログ



2012.01.12 | エコキュート | トラックバック:(0) | コメント:(10) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。