上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

1/14の発電記録です。
今日はまずまずのスタートを切ったので22kWh超えを期待しましたが...。
もうちょっとで足踏みだったようです。
今日の最大瞬間発電量は11:30-12:00頃の3.6kWでした。
この季節で雲間からの差込が無ければ、うちではこんなもんです。

発電量:21.7kWh、売電量:16.3kWhでした。

ちなみに1月の発電量累計がちょうど250kWhとなりました。
おおよそ月半分なので1月は500kWh達成できれば嬉しいですが....。

120114-1-3.6120114-2-250120114-3発電









さて、エコキュート情報です。昨夜はオヤジとエコキュートの使用法で激論を交わした
ので更新が出来ませんでした....
忘れないにうちに1/13の結果も更新します。

1/13の発電量:21.2kWh、売電量:16.9kWhでした。

さてさて拙宅のエコキュートどうしましょうか...。
結論から述べますと..

①省エネを意識し、追い炊きはせず高温足し湯で冷めやお湯の減少に対応
 ここには、湯船のお湯をエコキュートに戻すことに抵抗もあります(防汚れ)
②親世帯の入浴時にこれまでのようにたっぷり湯に入りたい、シャワーも
 これまでのように遠慮なく使いたいということで湯張りを160Lから
 180Lに増やす。必然的に湯切れするので23時前ではあるが沸き増し
 を100Lだけ実施する。必要に応じて沸き増し量は増減させる。

電気代を気にして健康を害するのは愚の骨頂ですもんねぇ.....。

しかし、エコキュートの使用湯量の定義が曖昧です。
パナ以外の機種はわかりませんが、省エネ推奨モード使用だと約65-80度の
お湯を深夜に460L作ります。
それを1日かけて使用していくわけですが、どのくらい使えるのか表示
させると使用可能湯量は42℃換算で約○○Lと表示されます。
当然42℃換算であればMAXは460Lを超えます。これは理解しやすい..
しかし、本日の使用湯量を見ると、追い炊き・保温含め42℃で○○L
と表示されるわけです。使用湯量には追い炊き・保温・自動配管洗浄・
凍結予防(これは埼玉ならないかな?)にお湯を使った分が含まれる
ので、21時のお湯汲み前に42℃換算のお湯がすでに150L使用されて
いるというのは、実湯使用量ではないのでしょうね。

今晩、お風呂を汲む前までのお湯の使用量と43℃で160Lお風呂を汲
んだ後のお湯の使用量を記録して、42℃換算お湯使用量がどのぐらい
増えるか調べてみます。後日追加報告します。

拙宅はエコキュートと家へ外壁を這う三層管配管が1.5m程度あるのでお湯が
冷めやすいのかなぁ...断熱性の高い三層管にしたのですが......
エコキュートユーザーの方々のご経験をお寄せ頂ければ幸いです。

ちょっと分かりづらい話になっているかもしれません。スミマセン....

その他にも記載したいことがあります。
省エネとしてのeconaviについてです。
湯温学習制御でお湯の冷め方を学習し、人感センサーにより入室をすばやく
検知してお湯をすばやく加熱開始し風呂を省エネ保温する...。
これ結構賢い!と思ったのですが、結局お湯を遥か貯湯ユニットまで循環
させるのでは配管内も汚れそうだし熱損失も大きそう..とうことで
うちでは無用の長物と化しています。

気に入ってるところも書きます。
うちの機種はミネラルきれい湯というリラックス効果のある?お湯が出ます。
まぁプラセボ効果かもしれませんがお湯が柔らかい気がします。
また、ミネラル自動配管洗浄機能がついています。湯垢の洗い流しや
菌の増殖抑制効果が期待できるようです。
後は台所と浴室のコミュニケーションリモコンで通話が可能になったこと位かなぁ

貯湯ユニットを断熱材で覆ったり、ヒートポンプユニットの吸気口周辺温度を上
げるための細工をされているユーザーさんもいらっしゃるようで、
今後どうしようかと考えているところです。



にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.01.14 | エコキュート | トラックバック:(0) | コメント:(6) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。